5ステップで勉強しよう!英検3級の単語の覚え方

英検三級 単語 覚え方の表紙の図 勉強法

英検3級には単語が重要!と以前に書きました。

 

そこで、今回のテーマは英検3級対策の単語の覚え方です!

 

今から英検3級を受けるという人向けに、
本番までの勉強を5ステップに分けて紹介します。

 

とにかくがむしゃらに頑張る!というのもありですが、
せっかくなので効率よくやるべきことをやりたいですよね。

 

それでは、英検の形式を踏まえた作戦を見ていきましょう!

 

単語だけではなく英検3級全般の勉強法について知りたい方はコチラを参考にしてください!

 

英検3級に必要なのはどんな単語?

英検三級に必要な単語の数を解説した図

 

まずは、どんな単語をどれくらい覚えるのかの確認しましょう。

英検3級合格に必要なのは、中学レベルの単語約1,300語になります。

単語帳も大体このくらいの語数を収録しています。

 

数だけ聞くと凄そうですが、これには基本単語も含まれます

単語帳を開くと、最初の方は go や make などの簡単なものばかりです。

真面目に勉強をして英検3級を合格しようと考えるくらいの中学生なら、元々知っている単語もかなりあるはずです。

なので、実際に覚える数はもっと少なくなるわけです。

 

もちろん単語帳頻出の1,300語が全てではないです。

実際の試験には、ここに含まれない単語も出題される場合があります。

 

ですが、満点でなければ合格できないわけではないので、頻出の単語だけ確実に押さえればひとまず安心です!
(というか、それ以上やると大変すぎですよね…)

 

 

■ 英検三級に必要な単語

■ 中学卒業レベルの1,300語

■ 基本単語も含まれる

■ 頻出単語を押さえておけばOK

 

 

なぜ単語を覚えるのか?

なぜ単語を覚えるべきなのかを解説した図

 

それでは次に、どんな覚え方をすればいいの?を確認していきましょう!

 

なんのために勉強をするのか?という「勉強の目的」を意識することは大事ですよね。

 

今回は、「英検3級に受かる!」が目的になるので、合格のための覚え方を見ていきましょう。

 

それでは、そもそもなぜ単語を覚えないといけないのでしょうか?

 

 

単語問題に答えるため

 

まずは、単語の空欄補充問題に答えるためというのがあります。

実際の問題形式で言うと問1が空欄補充の形式になります。

この問1が点数の半分を占めているため、長文問題よりも合格のために重要になります。

 

過去問などを見てみると、問1の形式は多くの場合、

  • 単語問題7問
  • 熟語問題5問
  • 文法問題3問

で構成されているのが分かります。

 

ここから分かることは、熟語(イディオム/フレーズ)についても配点としてはかなり高くて重要ということです。

 

覚えにくいとかわかりにくいとかで放置しがちな熟語ですが、効率よく得点するには必ず覚えるようにしましょう!

 

 

問題内容を理解するため

 

単語を暗記する必要性として割とすぐに思いつくのが、長文を読むため、などでしょうか?

空欄補充問題も前後を読む必要があり、作文も論題を理解しないといけません。

なので、問題文の英語を理解するために単語の暗記は必要です。

 

ここで忘れてはいけないのがリスニングの存在です。

例えば、単語をローマ字読みだけで覚えてしまい、正しい発音で覚えていない人っていますよね。

こういった人はリスニングで英単語を聞いたときに、なんの単語かわからなくなってしまいます。

なので、発音もある程度覚える必要があるわけですね。

 

幸い、リスニングの単語レベルはリーディングと比べてやさしめです。

とはいえ、単語帳の最初の方にあるような基本単語くらいは正しい発音を知っておいた方がいいです。

 

長文対策について詳しく知りたい方はこちらをチェック!

 

 

 

ライティングに答えるため

 

英検3級で、唯一英語を「書く」必要があるのがライティングです。

他はマークシートの選択問題(と面接)になります。

そこで、ライティングで単語を書ける必要があります。

 

とはいえ、実際に解いてみると分かるのですが、ライティングで使う単語の幅はそんなに広くありません

 

普段の学校の定期試験を真面目にやっていれば、ある程度の解答ができるくらいスペルは覚えているはずです。

 

また、試験本番のライティングでは知らない単語を避けて書ける単語で書くのも技術です。

 

まずはいくつか過去問を解きながら、「自分が使いたがる単語が何なのか」確認しましょう!

 

 

ライティング対策についてもっと詳しくこちらの記事で書いているのでチェックしてみてください!

上記でも明記している通り、

ライティングで必要なごく一部の単語以外に関しては、英検3級対策としてはスペルの練習までしなくてもOKです!

 

さて、それではここまで立てられた作戦の確認です。

  • 単語だけでなく熟語も覚える!
  • 基本単語は発音も押さえておく!
  • スペルは基本覚えなくてもOK!

 

 

■ 単語問題に答えるため

  • 問一は空欄補充が半分
  • 熟語(イディオム)も重要

■ 問題内容を理解するため

  • 長文やリスニングで問題を理解する
  • 基礎単語は発音も覚えておくべき

■ ライティングに答えるため

  • 学校の定期試験の学習量でOK

 

 

英検3級の単語の覚え方5ステップ

単語の覚え方5ステップの図

 

お待たせしました!

それでは実際に単語を覚えるためのステップを追っていきましょう!

 

ステップ1:単語帳を買う

 

まずは単語帳を買いましょう。

 

そこからかよ!というツッコミが入りそうですが、まだの人は後回しにせずできるときに買いましょう!

何ならこの画面を閉じて本屋へGO!

 

オススメの単語帳をこちらの記事にまとめておきました!

 

 

今の時代は便利でアプリもありますがあまりおすすめはしません

 

理由は単純にスマホだと気が散るからです。

 

通知はもちろん物によっては広告も入りますしね…

 

 

もちろん、アプリには良いところもたくさんあります。

本を持ち歩かなくて済みますし、クイズで覚えられるものも多いです。

やっている間は通知offにしたり、勉強専用機を用意したりと気が散らない工夫をしながらなら便利に使えます。
(でもできれば紙の単語帳も買いましょう…)

 

 

ステップ2:スケジュールとノルマを決める

 

単語帳を買ったなら、まずは軽く全体に目を通しましょう。

大体どのくらいの単語を知っているか確認しましょう。

 

全体の単語数 × 知らない単語の割合 = 覚えるべき単語数

覚えるべき単語数 ÷ 試験までの日数 ÷ 2 = 一日のノルマ

 

こちらで覚えるべき単語数と一日のノルマが出ます。

 

2で割るのは二周目以上するためと、できない日に備えるためです。

一周で100%覚えるわけではないのでちょっと多いかな?くらいで大丈夫

どちらかというと「完璧にするより見たことある単語を増やす!」を目標にしましょう!

 

それでも、一日のノルマが20を超えるようなら厳しいので数を抑えましょう。

出る順の単語帳なら、優先度が低い部分を減らして考えます。

 

 

ステップ3:単語をやる時間を決める

 

次に、毎日この時間に単語をやる!というのを決めましょう

言い換えると勉強を習慣化するといういつものあれです。

どうしてものときを除いて、できるだけ毎日できる時間で!

 

脳科学的には、寝る直前の時間がベストだそうです。

「寝る」をしない日はないはずなので、一日に必ずある時間ですね。

なので、迷ったら寝る前に決めてしまえばOKです。

 

 

ステップ4:声に出しながら覚える

 

ここからは毎日覚えていく段階に入ります。

単語を覚えるときには、できれば音読しましょう。

例文ごと使い方を見ながら覚えるとさらに良いです。

 

英語などの語学に音は不可欠!なので、超小声でもなるべく音読を。

どうしても(電車の中など)無理なときでも、頭の中では音にしましょう!

 

毎日やるようにするのはとても大事ですが、
もし遅れてしまっても取り戻そうとして数を増やす必要はありません!

 

そのために余裕を持ってスケジュールを組んでもらっていますし、
ノルマが増えるとさらにペースが崩れて挫折の原因になるので…

 

 

ステップ5:終わったらもう一周する

 

無事に単語帳を一周できたら、二周目に入りましょう!

忘れてしまった・覚えられていない単語を減らしていくことになります。

 

せっかく今まで習慣づけたので、一周目のときと同じ数ずつ覚えていきましょう。

基本的には試験前まで同じ単語を繰り返しますが、ノルマの関係で外した部分がある場合は、三周くらいした後に外した部分の暗記を始めましょう。

 

大事なのは、すでに覚えている単語は一日に覚える単語の数に含めない!ということです。

なので、一日に同じ個数でも、単語帳の進みは毎回速くなっていくはずです。

この頃にはもう一踏ん張り!頑張りましょう!

 

 

■ ステップ1: 単語帳を買う

■ ステップ2: ノルマを決める

■ ステップ3: 時間を決める

■ ステップ4: 声に出して覚える

■ ステップ5: もう1周する

 

 

要注意!やってはいけないNG勉強法

NG単語勉強法の図

それでは最後に、この勉強法はよくない!というのを紹介します。

自分の勉強法がこうなっていないか、確認してみてくださいね。

 

単語カードを一気に全部作る

 

リングにカードを通して作る単語カード、ありますよね。

それを一気にたくさん作ろうとしてはいけません

もしかすると今はアプリの単語カードかもしれませんが、同じです。

 

特にやりがちなのが、単語帳を買った段階でカードに全部写すこと。

これからの勉強の準備!といって作るのですが、効率が良くありません。

 

単語カードを一気に作るのがNGの理由
・結構な作業なので時間がかかる
・途中からは完全に作業になってしまい、書きながら覚えられない
・単語カードを作って勉強をした気になって燃え尽きやすい

 

 

特に、もう知っている単語の分まで作るのは紙と時間が無駄です!

単語カードを作るのではなく英検に合格するのが目的ですよね。

何のためにやっているのかを見失わずに!

 

とはいえ、単語カード自体は勉強に便利です。

一周目でその日のノルマを書いていくのは一つの方法になります。

こうしておくと二周目に便利ですね。

覚えた単語はリングから外していきましょう!

 

 

一日でたくさん覚えようとする(一夜漬け)

 

次に、一夜漬けで覚えようとする行為です。

さっき数を確認したので分かると思いますが、単純に無理です。

何百も一日で覚えられるほど人間の性能はよくないです…

 

定期試験で点を取るだけならいけるときもありますが、数がとにかく多い英検3級ではやめておきましょう!

 

しかも、せっかく中学レベルの単語全部を覚えるのだから、
英検3級のテストまで覚えているだけですぐ忘れる一夜漬けより、着実で定着する方法を心がけましょう!

 

 

どうしても一夜漬けがしたい人はこちらを読んでみてください。

 

 

 

和訳を一言一句覚えている

 

日本語訳をピッタリ当てないと納得できなくなっていませんか?

あとは、赤字ではなく黒字で書いてあるマニアックな単語の意味も全部覚えないとやり直すとか…

そこまで精密にはせず、何となく覚えていればOKです。

 

しかも、一語一訳できっちり覚えていると、
少しでも単語帳と違う意味で出てきたときに融通がきかなくなりがちです。

 

何となくこんな意味、でお覚えていた方が柔軟に対応できることも。

特に、長文や会話表現でこういうことがあります。

 

例文とその訳が分かればある程度大丈夫と思ってもいいです。

本当は自分で例文も作れるのがベストですが、そこまでくると負担すぎるのでまずは載っているものを覚えましょう。

 

なんとなくこんな意味と覚えていいのは「英検3級レベルの単語で特に動詞」の話なので、名詞だったり、それより上のレベルの単語だったりすると一語一訳も良い場面が出てくることもあります。

一応、今の段階の注意喚起ということで!

 

 

 

■ 単語カードを一気に全て作る

  • 時間がかかり効率が悪い
  • 書きながらでは覚えられない
  • 燃え尽きてしまう

■ 一日で沢山覚えようとする

人間の性能はそこまで良くない

■ 和訳を完璧に覚えようとする

融通が利かなくなる

 

 

 

まとめ

英検三級 単語 覚え方のまとめの図

 

いかがでしたでしょうか?

ここまで英検3級の単語の覚え方について見てきました!

数が多いので大変ですが、ぜひとも頑張ってみてください!

 

中学卒業レベルの頻出単語がだいたいわかるということは、
高校受験まで単語はかなり楽をできるということ
です。

 

安心して文法に集中できますね。

 

英検3級を受験するのであれば今が絶好の機会!

どうせ受験までにやることなので、やっつけてしまいましょう。

それでは!

 

 

単語だけではなく英検3級全般の勉強法について知りたい方はコチラを参考にしてください!

 

■ 基本単語を含む1,300語の学習

中学卒業レベル

問一では半分が単語問題

■ 基礎単語はスペル、発音も学習

■ 単語学習は長期計画で行う

一度に沢山は覚えられない

繰り返さなければ記憶に残らない

■ 5つのステップで学習

コメント

  1. […] ▼おすすめ記事 >英検三級のレベルと出題傾向!四技能それぞれの解き方と勉強法を徹底解説! >英検3級の勉強は何から始める?面接対策は? […]

  2. […] ▼おすすめ記事 >5ステップで勉強しよう!英検3級の単語の覚え方 […]

  3. […] ▼おすすめ記事 >5ステップで勉強しよう!英検3級の単語の覚え方 […]

  4. […] ▼おすすめ記事 >5ステップで勉強しよう!英検3級の単語の覚え方 […]

  5. […] ▼おすすめ記事 >【英検3級】ライティングを得点源にするコツ! >5ステップで勉強しよう!英検3級の単語の覚え方 […]

タイトルとURLをコピーしました