実力テストは一夜漬けで対策できるのか!?効率の良い一夜漬けの対策法をご紹介!

テスト対策

「一夜漬けは体に良くないし、やったところで本当の実力ではない」とよく言うが、四の五の言ってられない!明日は実力テストで今頑張るしかない!という方もいれば、「定期テストは一夜漬けで何とかなったから実力テストも大丈夫」と思っている方もいるのではないでしょうか?
定期テストと実力テストの比較から今からでも出来る効率の良い一夜漬け対策をお伝えします。

 

一夜漬けのメリット、デメリット

 

まず初めに一夜漬けについて知りましょう!一夜漬けのメリット、デメリットをご紹介します!メリットはもちろんのこと、デメリットについては特に注意して一夜漬けに臨んで頂けたらと思います。

 

一夜漬けのメリット

まず一番のメリットは一夜という短時間でテストの点数が上がるかもしれないということです。勉強時間とテストの点数のコスパを考えたらある意味一番効率が良いかもしれません。また一夜漬けで勉強することで自分の限界を超えた経験ができます。「自分ってここまで出来るんだ」、「人間って意外と丈夫なんだな」という驚きと小さな自信に繋がります。だからと言って毎回一夜漬けで対策しようとは思わないでください!

 

一夜漬けのデメリット

次にデメリットですが、何といっても次の日が眠いということです。眠いだけなら大丈夫だと思うかもしれませんが、集中力が低下します。集中力が低下すると、普段よりもケアレスミスが多くなったり、文章を読むスピードが遅くなったりします。特にケアレスミスは意識すれば回避できる可能性があるので、一夜漬け後にテストに臨む際には注意してください!せっかく一夜漬けで勉強したにも関わらず、取れるはずの問題を落とすと本末転倒ですよ!

 

定期テスト&実力テストの特徴と一夜漬けの相性

 

定期テストと実力テストの特徴と一夜漬けの相性について解説していきます。「定期テストは一夜漬けで対策できたけど、実力テストはできるのか」、両テストの性質を比較しながら検討していきます!

 

定期テストの特徴と一夜漬けの相性

定期テストの一番の特徴は出題範囲が狭いところです。具体的には、直近(約1.5か月)に習った範囲です。また問題の傾向も基礎基本を問うものが多いです。定期テストは学校で習ったことが身に付いているかどうかの確認のために行われるからです。出題範囲が狭く難易度も低いので一夜漬けとの相性は良いです。一夜漬けで何とかなった経験のある方も多いのではないでしょうか。次に実力テストの特徴を見ていきましょう!

 

実力テストの特徴と一夜漬けの相性

実力テストの一番の特徴は出題範囲がとても広いところです。具体的には、中学校でこれまで習ってきた範囲全てです。さらに問題の傾向も基礎基本を組み合わせた応用問題も多数出題されます。実力テストは高校入試の問題に近いからです。そして実力テストの結果が志望校を決定する理由の1つになります。出題範囲が広く難易度も高く一夜漬けとの相性は悪いです。ですが、範囲を絞り効率よく勉強すれば全く対策が出来ないという訳ではありません!次に一夜漬けで注意するポイントをご紹介していきます!

 

効率的な一夜漬けのやり方

 

範囲が広く難易度も高い実力テストを一夜漬けで少しでも対策する方法をお伝えします。定期テストのように対策することが完全に指定されていない実力テストで、どのように一夜漬け対策をしていくのか必須ポイントをご紹介します!

 

取り組む範囲を決める

まずは対策する教科と範囲を決めます。たった一晩で全教科の全ての範囲を対策するのは時間的に不可能だからです。そして実力テストといえど範囲は指定されているのでその中から絞っていきます。具体的には、実力テストの出題範囲内で自分の苦手な単元とその中の基礎基本的な問題の復習です。出来ているところの復習をしている余裕はないので、宿題や定期テストで結果が悪かったところの基礎基本的な範囲を対策していきます。

 

効果が大きいところから始める

対策範囲をある程度決めたら次は効果が大きいところ(コストパフォーマンスが高いところ)から取り組んでいきましょう!効果が大きいところとは、この単元を理解していないと他の単元を理解できないところです。具体的には二次方程式を理解するには一次方程式の理解をしていることが求められるというような感じです。中学生のカリキュラムは単元が段階的になっています。ということは実力テストの範囲内であり、自分の苦手なところの一番昔に習った基礎基本的問題から取り組んでいきましょう!

 

メモを作る

どうしても覚えられないところや何回解いても間違えるような苦手なところは、メモにまとめてみましょう。そしてそのメモをテスト開始前までの至る所で見返しましょう!食事の時間やお風呂、トイレ、登校中、休み時間などなど考えられるシチュエーション全てで見返しましょう。テストが終わるまでが一夜漬けです!最後は精神論みたいになりますが、一夜漬けをするぐらい後がないんです!徹底的にメモを見返ししてください!

 

難問は捨てる

実力テストの対策をしているとどうしても難問が登場します。具体的には応用問題で理解に30分~1時間以上かかる問題です。そのような難問に遭遇したら勇気をもってスルーしましょう。そのような難問に時間をかけるよりも、その時間を使い基礎基本の多く復習するほうが広い範囲をカバーでき、効率も良いからです。全ての対策をできない中でどれだけ多くの対策をできるかが重要になってきます!

 

完全な徹夜は良くない

一睡もせずに一夜漬けをすることは良くないです。なぜなら人間は寝ている間に記憶の整理を行うからです。睡眠は記憶の整理と定着に重要な役割を担っています。テスト前は1時間でも良いので寝るようにしましょう!そして起きてから再び勉強すると定着率がよりアップします!

 

テスト直前まで粘る

せっかく辛い一夜漬けでテスト対策をするのですから、実力テスト直前の最後の最後まで粘りましょう!「本番前に復習しすぎると集中力が落ちる」なんて人もいますが、こちらは端から一夜漬けなので気にせず、空いた時間全てをテスト対策に使いましょう!何度も言いますが、一夜漬けで対策できる範囲は限られています。その中でどれだけ対策できるのかが重要なので、最後の1秒まで粘りましょう!

 

おすすめの暗記方法

 

次におすすめの暗記方法をご紹介します。「暗記が苦手」、「効率的な暗記のやり方が分からない」そんな方も多いのではないでしょうか。しかし、どんな科目にも暗記要素がついてまわります。ぜひ参考にしてください!

 

90分戦法

まずは90分戦法です。90分戦法とはその名の通り時間を90分に区切って勉強する方法です。そして90分をさらに「10分・40分・10分・30分」に分けていきます。

具体的には
⓵最初の10分で覚える範囲を決めます。(効率的な一夜漬けのやり方を参考にしてください!)

②次の40分で決めたことを覚えましょう!(次のセクションの「五感を使った暗記法を参考にしてください!」)

③二回目の10分間は休憩です!暗記したこととは違うことを考えて頭を空っぽにしましょう!

④最後の30分で暗記したところの確認テストをします!

 

暗記時間から時間を少し置き、頭を空っぽにして確認テストに臨むことで、暗記できたかどうかの確認ができます。またより強い定着にも一役買ってくれます。覚えきれてないところがあれば別の紙に書きだし、30分間でそこの確認テストを行いましょう。効果抜群ですのでぜひやってみてください!

 

五感を使った暗記法

暗記が得意じゃない、そんな方は五感を使って暗記してみましょう!ただ教科書などを読むのではなく、声に出したり、歩きながらやってみたり、目を閉じてみたり、書いてみたりと試行錯誤してみましょう。ジェスチャーやスクワットをやりながらなど何でもありです!覚えられれば大丈夫です!自分に合った覚え方が見つかると良いですね!

 

テスト後にして欲しいこと

 

一夜漬け後のテスト明けは達成感でいっぱいかもしれませんが、必ずやってほしいことをご紹介します!

 

復習をして一夜漬けを本当の実力へ

やってほしいことは、ズバリ復習です。こんなことを言えば元も子もないですが、一夜漬けは本当の学力、実力ではないです。ただのその場しのぎの付け焼刃でしかありません。それでも復習をして理解を深めれば、学力、実力の第一歩になります。せっかく血反吐を吐く思いで一夜漬けをしたのですから、その頑張りを無に帰すのではなく、次につなげていって欲しいです。

 

日ごろから勉強するのが一番

実力テストの復習が学力、実力の第一歩ですが、第二歩目は普段からの勉強につなげることです。普段の勉強ですることと、実力テストの一夜漬けやることは何も変わりません。授業で分からなかった所の復習、覚えられていない所の暗記です。ただの授業で扱った範囲ですので、実力テスト対策範囲とは天と地ほどの差があります。地獄のような一夜漬けをやり遂げることができるのですから、授業の復習なんて可愛いものです。一夜漬けよりもずっと楽です。分からない所を理解し覚えていない所を暗記する、ただその繰り返しが勉強であり学力、実力に繋がります。この一夜漬けの経験を機に普段からの勉強へ、そして学力、実力につなげていってください!

 

まとめ

 

実力テストを一夜漬けで定期テストのように対策することは難しいです。
しかし、範囲を絞り効率的に取り組めばある程度は対策できます。睡眠不足の中、苦手なところや覚えられないところと徹底的に向き合い、テストに臨むことは辛いですし状況的にも好ましくありません。一夜漬けを終えた後は、同じことを繰り返さないために普段から復習をちゃんとしましょう。一夜漬けを経験したことが普段の勉強への自信に繋がればと思います。

タイトルとURLをコピーしました