偏差値50の高校のレベルは?学校生活と勉強方法!

偏差値

偏差値の平均である偏差値50の高校、ちょうど平均に位置することもあり志望する方も多いのではないでしょうか?

そんな偏差値50の高校の頭の良さや学校生活はどんな感じなのでしょうか?

この記事では偏差値50の高校の実態について迫っていきます!

毎月3,000人以上が利用している
 動画解説AI先生

(注:Web記事経由限定特典)AI先生アイキャッチ
AI先生ボタン

  • 志望校別の対策問題集
  • 志望校合格への模試・実力診断テスト
  • 自然と勉強ができるようになるクイズ

なども配信中!

さらに今なら!お友達紹介キャンペーン実施中!
お友達を紹介してくれたらLaf先生から特別に

  • 「受験前で不安…何を勉強したらいい?」
  • 「学校の授業がわからない…どうしよう…」
  • 「どうやったら成績が上げられるの?」

など勉強のお悩み個別相談をプレゼント中!
勉強のプロになんでも質問できるチャンス!!
お悩み相談で成績が一気にアップした子も
AI家庭教師利用者の声1
お友達紹介してくれた人限定なので、「〇〇さん(LINE名)に紹介しました!」とLINEで送ってね!

たくさん相談をもらっていて人数に限りがあるので、興味がある人はとりあえず今すぐ公式LINEに登録しておこう!

偏差値50の高校の頭の良さは?

みなさんがご存知の通り「偏差値50」という数字は全国の高校の中でちょうど真ん中くらいのレベルに位置すると言う認識で問題ないでしょう。

高校受験では志望者数の中のおおよそ10人中8人が合格するライン、内申がオール3で、全教科まとめて350点が取れれば合格できるレベルであると言えます。

偏差値50の高校の大学受験は?

全国の高校の中では真ん中に位置する偏差値50の高校ですが、大学受験において考えた際にはあまり満足できるラインとは言えないと思います。

 

具体的に言えば偏差値50の高校では

  • クラスの半分が大学進学
  • 残りは専門学校や就職

になるというのがおおよその実態です。

 

大学進学者の多くの進学先は偏差値50以下の私大に進学です。

学年のトップ10が国公立や上位私立への入学というレベルです。

 

ただし、偏差値50の高校に入学すると良い大学に行けないのかといえばそんなことはありません。

トップ10が上位私大への入学ということは、トップ3くらいの生徒はMARCHや関関同立などの有名私大にきちんと合格していることになります。

また、偏差値50くらいの高校であれば、MARCHや関関同立などの有名私立大学への指定校推薦枠が用意されていることも多いです。

そのため、偏差値50の高校でトップクラスの成績を取っていれば世間的に言う良い大学に進学することは十分に可能です。

 

また、後述しますが偏差値50くらいの高校であれば、そこまで荒れていることは少ないため、授業自体は聞きやすく普通に勉強できるような環境は整っています。

また、そこまで勉強熱心な生徒がいるわけでもないので、先生に質問などもしやすいことが多いです。

熱心ささえ見せれば色々なサポートが受けられ、むしろ勉強しやすい環境と言えるかもしれません。

 

ただ、昨今の学歴主義的な考え方や就職時の学歴フィルターなどがあることから、

できればMARCHや関関同立などの有名私大への合格を目指したい人も多いのではないかと思います。(MARCHや関関同立であれば就職活動でも有利にはならずとも不利にはならないギリギリの立ち位置になるためです)

そういった点で考えると、偏差値60くらいの高校にいけると、より良いのではないでしょうか?

 

もし、偏差値50より少し上の高校に進学したいと考えているのであれば、個別指導塾Wamに相談してみるのがおすすめです。

色々比較検討したい場合は、かてきょナビ塾選びなら塾選などで一括比較をするのがおすすめです。

 

「現実的に目指していくことができるのか?」「現状では難しくても、ここの弱みを克服できれば十分志望校を上げる事はできる」などの具体的なアドバイスをもらうことができます。

初回の体験授業や相談は無料で実施してもらえるため、進学のプロに話を聞いておいて損はありません。

■ 偏差値50の高校の頭の良さは?

  • 全国の高校の中でちょうど真ん中
  • 内申オール3、350点で合格圏内

■ 偏差値50の高校の大学受験は?

  • クラスの半分は大学進学
  • 残り半分は専門学校と就職
  • 国公立・上位私立はトップ10人程

偏差値50の高校の学校生活は?

偏差値50の高校の学校生活は荒れていることは少なく、いたって普通の高校生活であることが多いでしょう。

日常生活面で言うと、アルバイト禁止の高校も少なく学校の終わりにアルバイトに行く生徒もいます。

また部活に力を入れ、高3の夏まで過ごす学生も多いです。

一学年400人を超える大規模な高校も多く、学園祭も力が入っており、いかにも青春といった環境を楽しめます。

 

また偏差値50は塾に通う学生が増えてくるラインでもあり、大学受験を目指す同級生と切磋琢磨する環境にも飛び込めます。

 

総括すると、しがらみがなく自由にのびのびと学校生活を送れる環境が多いです。

アルバイトや部活に力を入れるのもよし、学業に力を入れるのもよしで楽しい学生生活を送れる環境が整っていると言えます。

 

ただしここで解説したのはあくまで一般論であり、勿論例外も存在します。

特に近年では自校の成績を上げるために無茶な勉強を強いる、いわゆる「なんちゃって進学校」も珍しくはありません。

後々後悔しないように絶対に入りたい高校の事前調査は欠かさないようにしましょう。

 

具体的にはGoogleで学校名を検索することが有効です。

そうすればその学校の生徒が書いた口コミが見れるようになっているのでそちらを参考にすると高校選びに失敗することは少なくなります。

(大体「〇〇高校 評判」で調べると出てきますが)おすすめサイトです:みんなの高校情報

 

もし身近に志望する高校に進学した先輩がいれば、先輩の話を聞くのもいいでしょう。生で聞ける内容なので信頼性も大きいです。

■ いたって普通の高校生活

■ 部活やアルバイトに精を出す

■ 受験も同級生と切磋琢磨

■ Googleで現役生の口コミ確認

偏差値50の高校に入る勉強方法は?

先述の通り偏差値50の高校は350点取ればほぼ確実に合格、300点でも合格圏内です。

応用問題が解けるようになる必要はありません。

簡単な基本問題をマスターすれば十分に合格できるでしょう。

 

そのため、まずは学校の授業に言われた内容を完璧に理解しましょう。

基本問題ですから、勉強すれば必ずできるようになります。

 

同じことを繰り返して頭の中に叩き込みましょう。

その上で問題を理解する2つのコツを解説します。

 

もし英単語の勉強をしていて、英単語帳に選びに困っているようであれば、偏差値別におすすめの英単語帳を紹介しているこちらの記事も参考にしてみてください。

勉強のやり方①…自分が今どこがわからないのか明らかにする。

まずいちばん大事なのが自分がどの部分ができていないのか明らかにすることです。

というのも、問題が解けないのには何か必ずできない原因があるからです。

 

具体的には、まずは何でもいいのでまずは何か問題を解きましょう。

その過程で詰まった部分を適宜メモを取り、詰まった箇所の部分について触れている内容を内容によっては小学校の教科書から振り返りましょう。

もちろん教科書を一から読んでいたら時間がいくらあっても足りません。

 

なので、手早く自分の苦手範囲の発見&克服をしたい方はスタディサプリ中学講座の活用がおすすめです。

教科書対応の基礎講座から受験対策の応用講座までプロ講師が解説してくれる+受験対策まで一気に勉強できるアプリです。

月額2,178円(年間一括払いなら総額21,780円 月あたり1,815円)と利用料金も格安で網羅的な学習ができます。

また、今なら14日間無料で利用できるので、一度試してみてから今後の利用を検討するというのも良いでしょう。

勉強のやり方②…勉強ができなくてもいいと考え直す。

「いくらやっても勉強ができない。」と自分を追い詰めてしまう方は、実は根はすごく真面目な方が多いです。

 

真面目なゆえに自分を追い込みすぎてしまい、それ故に目の前の問題が見えなくなるのです。

 

なので、まずはそのプレッシャーから自分を開放しましょう。

そうすることで目の前の問題を冷静に見直すことができます。

具体的な手順としては、自分の解ける問題を明らかにし、「ここまでなら自分は解ける」と自覚することです。

 

そして少しでも新しい問題が解けるようになれば

「今日はこの問題ができるようになった」と昨日より前進した自分を褒めてあげましょう。

この繰り返しで自信がついていきます。

 

また、個別指導塾Wam個別指導塾Wamに相談してみるのがおすすめです。

色々比較検討したい場合は、かてきょナビ塾選びなら塾選などで一括比較をするのがおすすめです。

受験のプロや東大・早稲田・慶応など難関大学出身・在籍の人気教師が在籍しているため、受験やテストの傾向、勉強に関して詳しい方が多いです。

初回は無料で相談することができるので、必ず受験に役立つ情報が手に入れられる意味のある時間になるはずです。

 

テストの点数が低くて不安になっている方はこちらの記事も参考にしてみてください。

■ 授業の内容を完璧に理解する

  • 復習をして頭に叩き込む

■ 分からない場所を明確にする

  • 問題が解けない原因を探す
  • 回答に詰まったときにメモしておく

■ 勉強出来なくてもいいと考える

プレッシャーから解放され、自信をつけていく。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

説明したように、偏差値50の高校はのびのびと学生生活を送るにはベストな環境です。

 

ただし、いくら望んだ環境があっても努力しないと入れません。

まずは現時点の勉強を頑張りましょう!

 

高校受験の偏差値別の勉強時間や勉強方法について知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

■ 偏差値50の高校は全国で真ん中

■ オール3、300~350点で合格圏

■ 荒れていないことが多い

■ 半数が大学進学

■ 授業の内容が完璧に理解できるレベル