不定詞の「名詞的用法」と want to!

教科別勉強法

『I want to be a doctor.』(私は医者になりたい)

不定詞の単元で真っ先に出てくる例文かもしれませんね。

 

ですが、これが不定詞の3用法「名詞的用法」「形容詞的用法」「副詞的用法」のどれかというと意外と習わないかもしれません。

この場合の want to は、「名詞的用法」が正解です。

今回は、want to とともに不定詞の名詞的用法を見ていきましょう!

produce:代表 押川
Laf創業・経営8年目【経歴/実績】
・これまで200名以上のお子様の指導実績あり
国公立をはじめとした難関高への進学をサポート
・AI先生をはじめとした日本初の教育サービスを展開
月間3,000人以上が利用するサービスへと育て上げる
AI先生を利用したことで模試C判定からA判定まで上がったと喜びの声も多数

毎月3,000人以上が利用している
 動画解説AI先生

(注:Web記事経由限定特典)AI先生アイキャッチ
AI先生ボタン

  • 志望校別の対策問題集
  • 志望校合格への模試・実力診断テスト
  • 自然と勉強ができるようになるクイズ

なども配信中!

さらに今なら!お友達紹介キャンペーン実施中!
お友達を紹介してくれたらLaf先生から特別に

  • 「受験前で不安…何を勉強したらいい?」
  • 「学校の授業がわからない…どうしよう…」
  • 「どうやったら成績が上げられるの?」

など勉強のお悩み個別相談をプレゼント中!
勉強のプロになんでも質問できるチャンス!!
お悩み相談で成績が一気にアップした子も
AI家庭教師利用者の声1
お友達紹介してくれた人限定なので、「〇〇さん(LINE名)に紹介しました!」とLINEで送ってね!

たくさん相談をもらっていて人数に限りがあるので、興味がある人はとりあえず今すぐ公式LINEに登録しておこう!

want to の意味

「(to 以下の動詞)をしたい」が want to の意味になります。

例文:I want to go abroad. [私は外国へ行きたい]

一番最初のの例文で取り上げた、be “-である” はちょっと特殊で、「-でありたい」から転じて「-になりたい」の意味です。

より直接的に become “-になる” を使っても同じ意味ですが、want to be でとてもよく出題されるのでそちらをまずは覚えましょう。

 

また、want 自体がdo動詞なので、必要なときは3単現のsなども忘れないように注意です。

He wants to live in the US. [彼はアメリカに住みたい]

want to の意味は「(-to以下の動詞)をしたい」

3単現のsなどを忘れずに

そもそも、「名詞的」の「名詞」の使い方は?

さて、この want to は「名詞的用法」だという話をしました。

しかし、そもそも、名詞の使い方にはどんなものがあったでしょうか?

それをちゃんと押さえておかないと、むしろ変に名前がついて分かりにくいだけになってしまいますね。

名詞の使い方は、主に以下の3つです。

  • 主語になる
  • 動詞の目的語/補語になる
  • 前置詞の後ろにくる

それぞれ簡単に見ていきましょう。

主語になる

The boy plays soccer in the park.

the boy が名詞(句)で、主語ですね。

Tom (固有名詞)だったり、I (代名詞)も名詞の一種なので、主語になれます。

目的語/補語になる

The boy plays soccer in the park.

soccer も名詞で、これは目的語ですね。

play のような他動詞には、目的語が必ず必要になります。

辞書を引くと[他]と書いてあるので、動詞を習ったら必ず確認しましょう。

 

補語は、be や become などの比較的限られた動詞で出てきます。

I am a student.

ここでは、a student が名詞(句)で、補語になっています。

前置詞の後ろにくる

The boy plays soccer in the park.

the park という名詞(句)が前置詞 in の後に来ています。

主語や目的語は文の成立に必須でしたが、多くの前置詞句はそうではありません。

in the park を抜きにしても、上の文は成り立ちますね。

名詞の使い方は3つ

「主語」「目的語/補語」「前置詞の後ろ」

名詞的用法と名詞の用法

それでは、これら3つの用法と不定詞を比べていきましょう。

先に言ってしまうと、不定詞は前置詞とは一緒に使えません。

なので、主語か目的語/補語になるというのが名詞的用法の使い方になります。

主語になる

To swim in the sea is fun. [海で泳ぐことは楽しい]

「名詞的」なので、不定詞が主語になれます。

ただし、この場合には、主語の位置には仮の it を置いて、不定詞は文の最後に置くことが多いです。

上の文の書き換えをすると、

It is fun to swim in the sea. になります。

意味は全く変わりません。

どちらでも書けるようにしておきましょう。

目的語/補語になる

He wants to buy a new bike.

want が他動詞なので、to 以下の不定詞句は目的語です。

ここで最初の話題に戻ってきましたね。

want 以外にも、like “(to 以下の動詞)するのが好きである” などが不定詞を目的語にします。

 

補語になることもあり、以下がよく出てきます。

My hobby is to take pictures. [私の趣味は写真を撮ることだ]

前置詞の後ろにくる

これはできません。

最初に不定詞を習うときにはそうでもないですが、後で「動名詞」を習うと重要になってくるのでぜひ頭の片隅に入れておきましょう。

名詞的用法の不定詞は、主語か目的語/補語になる
前置詞とは一緒に使えない

ついでに…want 人 to

せっかくタイトルが want to なので、似た表現も取り上げておきましょう。

I want him to come to the party. [私は彼にパーティに来てほしい]といった表現です。

want の後に、

  1. して欲しい相手(目的格)
  2. して欲しい動作(to不定詞) を置きます。

(一応、厳密には2つで1つの目的語の扱いです)

この形が現れる動詞でまず押さえるべきなのは合わせて3つ。

  • want 人 to “(人)に(to 以下の動詞)して欲しい“
  • tell 人 to “(人)に(to 以下の動詞)するように言う・命令する“
  • ask 人 to “(人)に(to 以下の動詞)してくれと頼む“

特に、tell を使った、

My mother always tells me to study. [私の母はいつも私に勉強しろと言う]

という文が超頻出なので、丸暗記してしまってもいいくらいです。

動詞 + 人 + to。

まず押さえるのは、want、tell、ask の3つ

今回は want to に代表される不定詞の名詞的用法を解説しました。

他の2用法でも当然、それぞれの品詞がどういう使い方をするのか?というのは大事になってきます。

英語は基本原則が超重要!なので、基本の知識は何度でも振り返って定着させましょうね。

 

数学や理科もですが、英語は特に一度でもつまずくと、その先の単元が全くわからなくなってしまうくらい難しい教科です。

Laf先生では、公式LINEでわからない問題を送るだけで、丁寧な解説動画をプレゼントしています。

「学校の宿題がわからない…」「最近いきなり授業についていけなくなって困っている…」という皆さんの勉強をサポートするため日々全力でお手伝いをしています!

 

また、お友達に紹介してくれた方には特別に「勉強の相談」や「成績を上げるためのコツ」「あなたに合わせた直接勉強解説」も実施しています。

受験に向けた練習問題や実力診断など様々な特典も用意しているので、今後のために公式LINEに追加して質問してみてください!

数学実力診断(Web記事経由限定特典)

数学実力診断も実施しているので、公式LINEのメニューから『本日の特典』をクリックして、「数学実力診断」と送ってください。

数学実力診断フィードバック例

こんな感じで、受験やテスト前に『理解度のチェック』『自分の苦手を分析・対策』ができます!

こちらの診断を受けていただいて対策をした結果

S.Y君:テストの点数が45点から80点までアップした!

I.S君:実力テスト、模試前にどこを勉強すればいいのか明確にわかって対策ができた! おかげでA判定まで成績を上げることができました!

など嬉しいお言葉をいただいています。

こちらの診断も公式LINEより受験可能です!

 

Laf先生からのお知らせ(Web記事経由限定特典)

Lafでは公式LINEに登録するとAI先生が数学/理科/英語の質問を動画で回答してくれます。

数学の問題がわからなくて悩んでいる人は、わからない問題を公式LINEで送ってみてください。

 

解説動画を見てもわからなかった場合や受験や勉強相談も個別で対応しています。

  • 明日までに宿題があるけど、解き方がわからないし身近に聞ける人がいない…
  • 受験に向けて勉強しているけど、参考書の解説がわかりづらくて教えて欲しい…
  • 自分の学力をチェックする学力診断を受けてみたい
  • 練習問題が欲しい

こんな悩みがあれば、公式LINEから相談してみてください!

現在3,000人以上の学生さんが利用している人気勉強サポートLINEです。

公式LINEは下記のボタンより追加できます!

これからも参考書のざっくりとした解説で困らないよう丁寧に解説していきます。

教科別勉強法英語

コメント一覧