英検3級の試験時間は?時間配分や時間が足りないときの対策も!

英検三級 時間の表紙の図 教科別勉強法
くーちゃん
くーちゃん

英検三級の時間配分はどうしたらいい?

こんにちは!Laf先生(@Laf_oshikawa)です。

中学英語の実力確認と言える、英検3級

受験のときに資格がほしいなど、中学生の間に受けることも多いですよね。

 

今回は、そんな英検3級について、
時間」というテーマから紹介していきます!

  • 3級の一次試験の試験時間
  • 二次試験の試験時間
  • 筆記試験の時間配分

について知りたい人は要チェックです!

 

英検3級一次試験(筆記)の試験時間は?

一次試験の試験時間の図

 

まずは、英検3級の一次試験(筆記試験)の試験時間についてです。

3級の一次試験は、

  • リーディング・ライティング合わせて50分
  • リスニング約25分

で構成されています。

リーディングとライティングは時間が区切られておらず、
与えられた時間を自分で配分して両方を解くことになります。

だけど点数はそれぞれ別の割合で出されるので、
ペース配分が重要になる理由になっていますね。

 

また、リスニングの前に休憩時間はありません

約80分の試験時間、集中を切らさないことが求められます。

お手洗いなども先に済ませておきましょう。

 

勉強の段階から、過去問を一気に時間通り解くなどして
長い時間を集中しきる練習をしておくのが大切です。

 

試験前の流れも少し確認しておきます。

当日の集合時間と試験開始までの間には、少し時間があります。
(なんと2021年現在、着席時間から試験時間まで40分も!)

この間に、解答用紙に受験番号などを書いて待つことになります。

 

余裕を持って会場に行くとかなり待たされることになるので、
単語帳などの待ち時間の勉強道具は忘れずに持っていきましょう

この時点でスマホは使えないので注意です!

 

■ Reading・Writing:50分

■ Listening:25分

■ 50分は区切れなし

■ リスニング前に休憩は無し

■ 試験前に待ち時間あり

 

英検3級二次試験の試験時間

二次試験の試験時間の図

 

次に、二次試験の面接の試験時間です。

面接試験自体は、1人約5分のペースで行われます。

 

ただし、1部屋1人ずつ行うのでこちらも待ち時間が出ます。

やはり待ちながらやることは用意しておきましょう。

おすすめは単語帳か、持っているなら面接対策のテキストです。

今更単語帳?と思うかもしれませんが、頭を英語モードにするのが大事です。

やっぱりスマホは待ち時間に使えないので注意です。

 

面接は会場到着順(着席順)に行われるので、
早めに会場に着いておけば早く終えることができます

逆に、到着が遅いと目一杯待たされることも。

終わった人から解散なので、早めの到着をおすすめします。

二次試験の対策についてはこちらの記事をご覧ください!

 

■ 面接時試験自体は一人5分

■ 試験前に待ち時間あり

■ テキストや単語帳を持ち込む

■ スマホは持ち込み禁止

 

英検3級筆記試験の問題別時間配分

問題別時間配分の図

 

ここまで確認した通り、時間配分が厳しいのはやはり筆記試験です。

リーディングとライティングの50分をどのように配分するかが重要になってきます。

 

おすすめするのは、リーディング30分、ライティング15分のペースです。

見直しの時間が5分残る計算になります。

マークシートがずれてしまった!などの事故にも備えられるので、
ある程度の余裕は確保しておきたいところですね。

ライティングは別の記事で「必勝の型」を紹介しているので、
それを使えば実際はもっと時間短縮することができます。

2文くらいしか考えなくてよくなりますからね。

ライティングの必勝の型はこちらの記事をご覧ください!

英検3級リーディングの時間配分

さらに視点を詳しくして、今度はリーディング30分での時間配分です。

まずは、最初の穴埋め問題を10分で解き切ることを目指しましょう。

問1、問2の20問あるので、1問30秒ペースということになります。

 

厳しすぎない!?と思うかもしれませんが、理由があります。

ここを迷いながらダラダラ解く癖がついてしまうと、長文で時間が足りません

だから、厳しすぎなくらい急ぐ意識を持っていた方がいいのです。

ここで問題が解き終わらない場合、そのままリスニングを迎えてしまいます。

終わらなかった不安と焦りを抱えたままリスニング、は絶対に避けたいですよね。

 

迷って時間がかかってしまいそうになったら、すぐ次にいきましょう

問題用紙に☆などのマークをつけておくと見直しに便利です。

見直しの時間を作れるペースにしてあるので、残った時間で考え直せばOK。

 

長文の時間が足りないのが問題なら、長文を先に解いたら?と思うかもしれません。

確かに良い作戦ですが、ちょっと危ないことがあります。

マークシートを途中から埋めることになるので、マークミスが怖いです。

なので、基本的には最初の問題から解いていくことがおすすめです。

 

■ Reading:30分

穴埋め問題は10分で解き切る

■ Writing:15分

■ 見直し:5分

■ 迷ったら印をつけ次に進む

 

英検3級リーディングで時間が足りないときの対処法

時間不足対策の図

 

かなり厳し目の時間配分を決めたリーディング。

どうしても時間内に解けない!という人に2つのアドバイスです!

 

問題文を先に読んでキーワードを探す

長文をちゃんと読もうとしていませんか?

実は、英検3級に関して言えばその必要はありません。

問題文を先に見て、キーワードのある部分だけ読みましょう

問題にさえ答えられれば、文章全体の内容は対して重要ではありません。

 

キーワードになりやすいのは

  • 年号などの数字
  • 日付
  • 人や場所の名前

です。

問題文と同じキーワードを、本文から探しましょう。

キーワードが出てきた文やその後ろを中心に読んでいけばOKです。

 

どうしても時間が足りないときは、近くにある単語を選択肢で探しましょう。

キーワード近くの単語と同じものを選ぶだけで、合っていることもあります。

3級までは引っ掛けが少ないので、ぜひ活用しましょう。

 

問題形式を利用する

英検の問題は、各パラグラフ(段落)に1問作られている場合がほとんどです。
(3級だと、最後の30番だけちょっと例外)

これを利用してズルをする…というか、賢く解きましょう!

特に、苦戦しがちな最後の文章(長い)に有効です。

 

長文2つ目のメール問題は段落ごとではないこともありますが、
それでも後の問題の答えの方が上にあることはありません。

 

例えば、わからない問題があって飛ばした場合、
その次の問題が解ければ答えはその問題の部分より前にあります

後の問題が前の問題のヒントにできるわけですね。

これが、迷ったら飛ばせ!という理由の1つでもあります。

 

■ キーワード部分を先読みする

  • 年号、日付、人や場所の名前
  • 時間不足の時は近くにある単語を探す

■ 問題形式を利用する

  • 各段落に一問の場合が多い
  • 次の問題の解答の前にある

 

まとめ

英検三級 時間のまとめの図

 

英検3級の試験時間について、確認できましたでしょうか?

リーディングは厳し目の時間にしましたが、急ぐ意識は大事です。

ライティングを手早くやっつければ余裕が出るので、そちらの対策も忘れずに。

 

時間を制すものが英検を制す。

勉強のときから、時間配分は必ず意識しましょう。

それでは!

 

■ 勉強の時から時間を意識しよう

■ Reading:30分

■ Writing:15分

■ 見直し:5分

■ Listening:25分

■ 二次試験:一人5分

コメント

タイトルとURLをコピーしました