英検3級のライティングの必勝の型!練習問題を型で解こう!

英検三級 ライティング 問題の表紙の図 教科別勉強法
くーちゃん
くーちゃん

ライティングの必勝法!?

こんにちは!Laf先生(@Laf_oshikawa)です。

皆さんは、英作文に自信がありますか?

英検3級にもライティングの試験がありますよね。

 

0から英語を書かなくてはいけないなんて…

と、恐れている人が多いのではないでしょうか。

 

ですが、英検3級ライティングであれば、
ほとんど暗記で得点を取ることができます

ぜひとも覚えてほしい裏技なので、それを試すための練習問題と一緒に
覚えておくべきライティングの型を紹介します!

その他の技能についてはこちらの記事をご覧ください!

 

英検3級ライティングの解答の型

ライティングの解答の型の図

 

英検3級のライティングには、答え方の「型」があります。

  1. 結論
  2. 「理由は2つあります。」
  3. 1つ目の理由
  4. 2つ目の理由
  5. (結論をもう一度)

 

それでは、手順を詳しく見ていきましょう。

例題として、

「Which season do you like the best?」というのに答えていきます!

 

1. 結論を述べる

まずは、質問に対する答えを書きましょう

 

今回は、「どの季節が好き?」という質問なので、どの季節にするか決めます。

大事なのは、書きやすい答えに決める、ということです。

自分の実際の意見にする必要はありません

 

例えば、「春」と答える場合と、「夏」と答える場合を考えましょう。

春のいいところと言えば、「桜が綺麗」「ちょうどいい暖かさ」などでしょうか。

こういうのは、今知っている単語で書くのは難しいと思いませんか?

 

逆に、夏だとしたら。

「海で泳げる」「夏休みがある」などの理由が考えられます。

こちらなら知っている単語でも書けそうですね。

 

このように、自分が理由を書きやすそうなものを答えにします。

今回の例では、「夏」を使っていきましょう。

I like summer the best.

 

2. 「理由は2つあります。」

 

I have two reasons. 「理由は2つあります。」

これをそのまま覚えて書きましょう。

 

簡単に言えば、これは文字数稼ぎです。

英検のライティングでは、なるべく考える部分を減らすのが基本です。

事前に用意したものだけで、十分な点を取れるようにしておくのです。

 

文章の構成を示す、という役割のある文になるので、
どんな問題への答えの中でも無理なく使っていくことができます。

ぜひとも覚えましょう。

 

I like summer the best.

I have two reasons.

 

3・4. 理由を2つ述べる

次に、その答えに対する理由を2つ答えます

今回は、先ほど考えた2つの理由を使っていきましょう。

「海で泳げる」「夏休みがある」でしたね。

 

それぞれの理由の前には、First, / Second, を添えます

 

英語にするのが難しいと感じたら、別の理由に変えることや、
答えの結論自体を別のものに変えてしまうことを考えましょう。

時間がシビアな英検では、切り替えの速さが大事!

 

ここでは「I」をなるべく使わないというコツがあります。

代わりに「we」を使うだけで、「私だけでなくみんなのこと」と言えて
より説得力のある理由にすることができます

 

I like summer the best.

I have two reasons.

First, we can swim in the sea.

Second, we have summer vacation.

 

5. 結論をもう一度述べる

最後に、結論をもう一度述べます。

まとめの言葉は、

  • For these reasons(これらの理由で)
  • Therefore(それゆえに)

がいいですね。

 

単語数が足りていれば、これは書かなくてもいいです。

今回はここまで21語で、英検3級で必要な25-35語にちょっと足りません。

なので、今回はこれを添えて終わることにします。

 

I like summer the best.

I have two reasons.

First, we can swim in the sea.

Second, we have summer vacation.

For these reasons, I like summer the best.

 

これで29語なので、ちょうどいい単語数ですね。

これだけ書ければ、合格点の6割は余裕で届くはずです!
(この方法で満点を取れた人も!)

 

35語めいっぱい使っても、自分の意見をしっかり伝えるには
単語数の制限がきつすぎます。

35語では、大したことが書けないと思っていいです。

 

そして、英検の模範解答ははっきり言って難しすぎます

もちろんあれが書ければ文句はなく満点なのですが、
試験会場その場で書くのは無理なくらいできすぎています。

 

なので、

  • 書きやすい意見を型に沿って書く
  • 自分の意見と違う結論でも書きやすさを選ぶ

これを覚えておきましょう!

 

■ 結論を先に述べる

■ 「理由は二つあります」

■ 一つ目の理由を述べる

■ 二つ目の理由を述べる

■ (再び結論を述べる)

 

パターン別・英検3級ライティングの練習問題

パターン別の練習問題の図

 

それでは、ここから練習問題の紹介です。

ものによって少しずつ結論の書き方が違いますが、型は同じ。

これを解きながら、紹介した型を覚えていってくださいね!

 

Do you型

いわゆるyes/noで答える疑問文です。

答えはフルセンテンスで、質問をほとんど繰り返す形でOKです。

Noで答える場合には、don’tを添えましょう。

 

例えば、「Do you want to study abroad?」であれば、

I want to study abroad. (はい)

I don’t want to study abroad. (いいえ)ということです。

 

  • Do you want to (-したいか)
  • Do you often (よく-するか)
  • Do you like to (-するのが好きか)

というのがよく出題されます!

 

例題:

Do you want to live in an English-speaking country?

Do you often travel by airplane?

Do you often listen to music when you study?

Do you like to watch movies with your friends?

Do you like to swim in the sea?

 

Are you型

似た形の質問として、are youで始まるものがあります。

答え方はほとんど同じですが、be動詞の変化だけ注意しましょう。

 

例:「Are you interested in reading foreign books?」
I am interested in reading foreign books.
I am not interested in reading foreign books.

 

5W1H型

何、なぜ、どこ、いつなどを聞く質問もあります。

何を聞かれているのかをよく見て、それに合った答え方をしましょう。

例:What are your plans for summer vacation?

結論:My plan for summer vacation is to visit my grandparents.

 

What(何)を聞かれるものがほとんどですが、
ときどきhowやwhereを使った問題も出題されます。

Whatの変化系で、what kind of(どんな種類の)という場合も。

 

例題:

What kind of music do you like?

What Japanese food do you like?

Where do you want to live in the future?

 

Which型

いくつかのものから1つを選ばせる質問です。

Orで選択肢が示されるものと、
季節などの数が限られているものから選ばせるもの
があります。

最初に扱った例題がこのパターンですね。

 

例題:

Which do you like better, studying at home or studying at school?

Which color do you like the best?

 

■ Do you 型

Yes/Noで答える

■ 5W1H 型

何を聞かれているのかをよく見る

■ Which 型

選択肢の中から選んで答える

 

まとめ

英検三級 ライティング 問題のまとめの図

 

今回のテーマは、「英検3級のライティング」でした。

英作文と聞くと難しそうですが、型さえ覚えてしまえば
むしろ安定した得点に繋げられるのがライティングです。

 

自分の意見と違っても型にはめやすい結論を書くこと。

これを徹底していけば恐るるに足らず!です。

 

ぜひ、今回紹介した例文や練習問題を活かして
本番で高得点を狙っていきましょう!

 

それでは!

 

■ 解答の型を覚える

■ 問題のパターンを知っておく

■ 書きやすい意見で回答する

タイトルとURLをコピーしました