英単語の勉強法

教科別勉強法

毎月3,000人以上が利用している
 動画解説AI先生

(注:Web記事経由限定特典)AI先生アイキャッチ
AI先生ボタン

  • 志望校別の対策問題集
  • 志望校合格への模試・実力診断テスト
  • 自然と勉強ができるようになるクイズ

なども配信中!

さらに今なら!お友達紹介キャンペーン実施中!
お友達を紹介してくれたらLaf先生から特別に

  • 「受験前で不安…何を勉強したらいい?」
  • 「学校の授業がわからない…どうしよう…」
  • 「どうやったら成績が上げられるの?」

など勉強のお悩み個別相談をプレゼント中!
勉強のプロになんでも質問できるチャンス!!
お悩み相談で成績が一気にアップした子も
AI家庭教師利用者の声1
お友達紹介してくれた人限定なので、「〇〇さん(LINE名)に紹介しました!」とLINEで送ってね!

たくさん相談をもらっていて人数に限りがあるので、興味がある人はとりあえず今すぐ公式LINEに登録しておこう!

英単語が覚えられない3つのパターン

英単語が覚えられない主な理由は以下の3つが考えられます。

①練習量が足りていない
②意味と一致できない
③書けない

①練習量が足りていない

「英単語が覚えられない」と言う中学生の6割くらいは練習量が足りていません。

何度も繰り返し、声に出したり、書いたりしながら練習しましょう。

 

②意味と一致できない

「パッと英単語を見ても、日本語の意味がわからない」と言うパターンです。

 

③書けない

「書いても書いても覚えられない」「せっかく暗記したのにテストの時にはうろ覚えになってしまって、スペルミスが異様に多い」と言うパターンです。

 

英単語を覚える方法

英単語を覚える方法として以下の2つを試してみましょう。

意味を覚える
書けるようになる

意味を覚える方法

①教科書の音読

暗唱できるくらい何度も読みましょう!

音読は最も負担の少ない勉強法なので、取り組みやすいです。

しかも効果は絶大で

・単語暗記

・英語の構文把握

・長文への対応力

などすべての項目に繋がる基礎になります。

歩きながら音読をするのも効果的です!

 

②イメージで意味を一致させる

「言葉」で覚えるだけではなく「イメージ」をセットにして覚えることが効果的です。

例えば「come into = に入ってくる」と言葉だけで覚えるのではなくて、

頭の中で誰かが部屋に入ってくるのをイメージしながら意味を覚えましょう。

 

書けるようになる方法

①スペルの間違いを見つける

英単語をノートにすべて書いていたら覚えるかもしれませんが非常に効率が悪いです。

自分が書けないものだけに絞って練習しましょう。

 

②声に出してひたすら書く

スペルの間違いを見つけて、自分の書けない英単語を洗い出したあとはコツコツと覚えられるまで書き続けましょう。

覚えやすくなるコツは「声に出しながら書く」ことです。

声に出しながら書くことで「視覚」「聴覚」「触覚」を使いながら勉強ができるため記憶に定着しやすくなります。