塾と家庭教師どっちがいいの?向いてるタイプや安さ・コスパを徹底比較! お子様にとって利点のある方を選ぶための探し方

塾と家庭教師どっちアイキャッチ 家庭教師・塾比較情報

お子さんの学習環境を考えるにあたって、様々な塾や家庭教師のチラシやHPをみて「我が子のためになにがベストなのか…」と頭を悩ませながら比較・検討をしている親御さんも多いのではないでしょうか。

 

最近では『オンライン塾』や『家庭教師』『オンライン講座』『質問回答アプリサービス』など

塾・家庭教師以外の選択肢も増えてきており、詳しく調べて使いこなすことができればコスパ良く成績アップ・学力向上を目指すことができます。

 

また、塾や家庭教師の中には料金情報を非公開にしていたり、

HPに記載されている料金に加えて教材費などがかかることから「聞いていたより高額になった」なんてことも…

調べれば調べるほど

  • 「何を基準に決めるべきなの?」
  • 「我が子には塾と家庭教師どっちがあうの?」
  • 「そもそも、お金をかけるんだから成績が上がってくれないと困る!」
  • 「家庭教師ってなんか高そうなイメージがあるんだけど…」
  • 「集団塾ってついていけなくなりそうなイメージ…」

と疑問や不安は増えるばかりではないでしょうか?

 

その結果、『何となく有名そうだから』と感覚で選んでしまい、お子さんにとってベストではない学習環境を与えることになってしまい、

結果、塾や家庭教師にお金をかけたのに全く成績が上がらず後悔したなんてことも最近はよく聞きます。

 

お子さんの学習環境を考えるなら

・勉強のやり方から教えてくれて、自分から進んで勉強をやるようになり成績がグングン上がる
・子ども自らが学ぶ楽しさに気づいて勉強を楽しめるようになる
・親から口うるさく言われなくても進んで勉強をやるので、良好な親子関係が築ける

このような、親子共にベストな環境を作れることが理想ではないかと思います。

お子さんにとって理想的な学習環境を作るにはどうしても親御さんのサポートが欠かせません。

 

何よりも大切なのは「月謝の高い塾や家庭教師に通わせているのに、成績が上がらない…」とモヤモヤした気持ちを抱えながら教育にお金をかけるのではなく、「お子さんに適した学習環境を整えてあげること」です。

 

今回はそんな、「お子さんの状況に応じて何がベストなのかをしっかり検討したい」という方に向けて

  • 塾と家庭教師向いてるタイプやコスパ
  • それぞれの特徴

について、徹底解説していきます。

今回のポイント
・塾と家庭教師のそれぞれの特徴
・塾と家庭教師の料金の違い
・塾が向いてる子、家庭教師が向いてる子

今回はこの3つのポイントについて紹介していきます。

ぜひお子さんに最適な学習環境を整えてあげるための参考にしてください。

 

まずは各社の資料を請求して、一括比較したいという方は

これらの比較サービスを利用して、相見積もりを取ってみるのがおすすめです。

上記のサービスから資料請求をして比較する形であれば、

HPではオープンになっていない料金情報なども詳しく知ることができるため、客観的に比較することができます。

 

また、「資料請求をしたらすぐに営業電話がかかってくるのではないか?」と気になる方もいると思いますが、

比較サービスであれば、営業電話がかかってくることもないため安心して資料請求が可能です。

 

それでは次の章から『塾と家庭教師それぞれの特徴について』詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

毎月3,000人以上が利用している
 動画解説AI先生

(注:Web記事経由限定特典)AI先生アイキャッチ
AI先生ボタン

  • 志望校別の対策問題集
  • 志望校合格への模試・実力診断テスト
  • 自然と勉強ができるようになるクイズ

なども配信中!

さらに今なら!お友達紹介キャンペーン実施中!
お友達を紹介してくれたらLaf先生から特別に

  • 「受験前で不安…何を勉強したらいい?」
  • 「学校の授業がわからない…どうしよう…」
  • 「どうやったら成績が上げられるの?」

など勉強のお悩み個別相談をプレゼント中!
勉強のプロになんでも質問できるチャンス!!
お悩み相談で成績が一気にアップした子も
AI家庭教師利用者の声1
お友達紹介してくれた人限定なので、「〇〇さん(LINE名)に紹介しました!」とLINEで送ってね!

たくさん相談をもらっていて人数に限りがあるので、興味がある人はとりあえず今すぐ公式LINEに登録しておこう!

塾と家庭教師の特徴と比較

まず、塾と家庭教師それぞれの大まかな特徴を一覧で紹介します。

後ほど細かく解説していきますので、まずは概要として参考にしてください。

家庭教師 集団塾 個別指導塾
特徴 ・完全マンツーマン指導なので、お子さんに最適なカリキュラム、勉強法を教えてもらえる

・学習面以外の相談も可能

・学習習慣を身に付けさせるような指導を行なっているため、自発的に勉強できるようになる

・部活などが忙しくても融通がつけてもらえる

・学校よりも先の単元を学習する

・応用問題を中心に授業が進んでいく

・ひとりひとりに最適なオーダーメイド授業を受けることができる

・苦手教科のみを学ぶ等、効率の良い学習が可能

・部活などが忙しくても融通がつけやすい

講師の質 ・もともと塾や学校で教師をしていた人も多く、さまざま

・プロ講師もいるため、良い講師を見極められれば質の高い指導を受けられる

・基本的にはプロ講師であるためレベルが高い

・受験に役立つテクニックやノウハウを持っている講師が多い

・大学生バイトの講師の場合は当たり外れがある
料金 3,000〜8,500円 / 時間 1,500〜4,000円 / 時間 4,500〜6,200円 / 90分
向いてる子 ・マイペースに勉強したい子

・積極的に質問するのが苦手な子

・周囲と比較せず1人で勉強を進めたい子

・勉強が苦手な子(何が分からないのか分からない子)

・競争心のある子

・自分から質問できる子

・学校の授業より進んだ勉強がしたい子

・公立中高一貫校や私立中学校、上位レベルの高校受験を考えている子

・上位の学校を受験したい子

・マイペースで大人しい子

・ひとりでコツコツ頑張りたい子

・明確な目標がある子(苦手教科を克服したいなど)

【塾の比較をしたい人向け検索サービス】

【家庭教師の比較をしたい人向け検索サービス】

塾と家庭教師それぞれの特徴

集団塾の特徴

集団塾は入塾する時にテストを受験し、結果に応じて学力順にクラス分けされます。

授業が進むスピードは学校の授業よりも早く、学校より少し先の単元を勉強することが多いです。

また、基礎学習ができていることが前提で応用問題を中心に授業が進んでいくという特徴があります。

 

集団塾の講師は基本的に勉強を教えるプロが多いので講師の質は高いと考えて問題ありません。

また、塾講師は受験に役立つテクニックやノウハウをたくさん持っているので

トップクラスの学校を目指す子どもにとっては最高の学習環境が整っていると言えます。

  • 学校の勉強は余裕でついていけている
  • なるべくコスパ良くより高い偏差値の学校を目指していきたい

これらに当てはまるお子さんであれば、集団塾はベストな選択肢と言えます。

 

一方で、基礎学習ができていることが前提で応用問題を中心に授業が進んでいく特徴があるといったように、

  • 「そもそも授業についていけていなくて、勉強に不安がある」
  • 「内申点は授業態度含めギリギリ3は取れているけど、テストの点数が悪くて2になってしまいそう」

といったようなお子さんであれば、集団塾よりも個別指導塾や家庭教師を利用して苦手を徹底的に潰して理解度を高め、成績を上げていく方がベストです。

【PR】

Lafでは公式LINE『わからない問題の写真を撮って送るだけで、解説動画を返信する』AI先生を提供しています。

塾の宿題でわからない問題を必要な時だけ質問して、解決することができます。

集団塾だと先生に個別で解説をお願いすることが難しいことも多いため、塾と合わせて利用しているお子さんも多く、月間3,000人以上の方が利用しています。

公式LINE追加後、すぐに利用できるので塾の宿題で困っているお子さんは公式LINEより質問をしてみてください。

個別指導塾の特徴

個別指導塾は大きな教室に生徒がたくさんいて、机が仕切りで区切られた状態で勉強をします。

 

多くの場合は、

・生徒5〜6人に対して1人の先生が付き見回るタイプか
・個室に2〜4人の生徒がいてそれに対して1人の先生が教えるタイプ

このどちらかになります。

 

複数の生徒を1人の先生が見ることになるため、先生が誰かに教えている時は他の子は問題を解きながら待たなくてはなりません。

 

教え方は塾の問題集を生徒に解かせて、わからない部分のみを個別で解説するという形になります。

お子さんにベストなカリキュラムを組んでくれる点はとても良いですが、先生が見ていない間にサボってしまいがちな子どもには向きません。

 

こちらも、

  • 「ある程度勉強がわかる」
  • 「学校の先生の教え方が良くないためわからなくなってしまったが、わかりやすい解説をもらえれば理解できる」

といったようなタイプのお子様には最適です。

 

一方で注意したい点としては、

どうしても他の子に教えている時間は自分で勉強しなくてはならないため、「そもそも何がわからないのかわからない」といったような状態の子であれば、問題を解きながら待っている時間を有効活用できないためコスパが悪くなってしまうようなこともあります。

 

また、個別塾の講師は大学生のアルバイトの割合が多く、講師によって指導力に差があります。

講師の質についても注意が必要になりますし、

良し悪しではあるものの『先生と話すことが楽しいから塾に行く』といったように本来の目的と

お子さん自身が塾に通う目的がズレてしまうといったことが起こらないよう注意が必要です。

 

ただし、難関校を目指すことを目的としている個別指導塾であれば

『お子さんの志望校合格にあわせた最適なカリキュラム』といった形で

レベルにあわせつつ合格に向けた緻密な計画を練って勉強速度を変えてくれるため非常におすすめです。

家庭教師の特徴

家庭教師は、1対1の形式であるため指導時間が全て個人的に質問することができます。

そのため、自分が納得いくまでトコトン教えてもらうことができるのが大きな特徴です。

 

授業も集団塾のように一方的に進むこともなく、他の子のペースを気にする必要もないため

自分から質問ができない子や家での勉強のやり方がつかめていない子にとっては最高の環境であると言えます。

また、授業の曜日や時間、先生を自由に選ぶことができるのも家庭教師のメリットです。

 

家庭教師の先生は大学生のアルバイト、プロ講師のどちらも選ぶことができるのでお子さんのレベルと予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

例えば

といったように、目的に応じて家庭教師を比較して検討できるようなサービスを利用してみるのも1つの手です。

 

一方で、家庭教師は1対1の指導になってしまうため、人件費等の観点から集団塾や個別指導塾に比べて数千円高くなることもあります。

しかし、「苦手を徹底的に克服して成績を上げたい」「自分に個別最適化された指導を受けたい」という目的であれば、家庭教師は最適な選択肢と言えます。

 

こちらは少し例外的ではありますが、かなり富裕層の方々も塾ではなく家庭教師を利用している傾向が強いですね。

というのも、家庭教師の方が信頼できる先生を選んで指導をお願いすることができるためです。

 

家庭教師は高いイメージがあるものの、最近はオンラインで家庭教師を受けることができるようになってきたりもしているので、塾よりもコスパが良くなってきている傾向もあります。(塾は建物の維持費等がかかる一方家庭教師は塾のような家賃コストはかからないので、より本質的な指導部分にお金が使えるという訳です)

 

加えて、将来を見据えた本格的な教育(勉強に臨む姿勢や何故勉強をすべきか?)など、勉強以外の部分でも教わることができるのが家庭教師の大きなメリットです。

塾と家庭教師の料金比較

学年ごと、目的に応じてサービスを一例として大まかな料金をまとめています。

気になる塾・家庭教師があればリンク先から詳細を確認できるようになっていますので、各社のページをご確認ください。

集団塾の料金

小学生

 

中学生

高校生

既卒

個別塾の料金

小学生

中学生

高校生

既卒

明光義塾⇨約4,000円

個別指導スクールIE⇨約6,200円

栄光ゼミナール⇨約8,300円

家庭教師の料金

小学生

 

中学生

 

高校生

 

既卒

 

家庭教師のLaf⇨5,000円

家庭教師のトライ⇨8,000円

家庭教師のノーバス⇨7,500円

 

塾と家庭教師の料金体系の相場感としては

(高い)家庭教師 > 個別指導塾 > 集団塾(安い)

という形になります。

集団塾のメリット

集団塾は1人の先生で多数の生徒を相手に授業が行えるため安く済むことは大きなメリットと言えます。

個別指導塾のメリット

個別指導は集団塾より高い分、一人一人にあった指導が受けられる点はメリットと言えます。

家庭教師のメリット

家庭教師は1対1の授業になるためその分料金は高くなってしまうものの、料金が高い分生徒1人1人に向き合ってくれる点は非常に魅力的な点です。

また、オンラインでの家庭教師などであれば、先生を家にあげる必要もないので、気を遣う必要も無く、交通費などもかからないので、コスパ良く本質的な指導料のみにお金を払う形で利用できます。

塾と家庭教師どちらを選択すべきか?

集団塾が向いているタイプ

・学校の成績が良い子

・トップ校を目指している子

・予習復習が自分でできる子

・学校の授業の基本的な部分が抑えられている子

・競争心が強く負けず嫌いな子

個別指導塾が向いているタイプ

・塾のない日に問題集を自分で解き、塾に行った日にわからないところをしっかりと聞ける子

・周りを気にせずに自分のペースで勉強したい子

家庭教師が向いているタイプ

・部活や習い事が忙しくなかなか塾に行く時間が取れない子

・勉強のやり方がわからない子

・勉強の習慣がない子

・自分から積極的に質問をするのが難しい子

とにかくまずは比較検討したい人向け

  • 家庭教師スマートレーダー
    個人契約のため家庭教師でも料金は安め、家庭教師のメリットとコスパの両方を実現したい人はこちらで比較をすると良いです。
  • 【ウェルカム家庭教師ナビ】
    とにかく塾・家庭教師の資料を揃えて各社の詳細情報を見て比較検討したい場合は、こちらで一括資料請求がおすすめです。
  • 塾選びなら塾選
    塾の比較をしたい方向けの塾比較サービスです。
    学年別の検索・気になる塾のキーワード検索などが可能で、地域や授業形態、科目での条件検索など
    塾を比較する際にはまず最初に使いたいサービスです。

集団塾を検討したい人向け

個別指導塾を検討したい人向け

家庭教師を検討したい人向け

質問回答サービスや自学習等 自分で頑張れる人向け