塾に行かないデメリット!塾に行かなくていい人とは?

塾 行かないの表紙の図 保護者向け
くーちゃん
くーちゃん

塾なしでも高校受験は成功する?

こんにちは!Laf先生(@Laf_oshikawa)です。

受験が近づくにつれ、塾に通う中学生は多くなります。

クラスメイトみんなが塾に通っていると感じることもあるはずです。

今まで塾に行っていなかった人で、
「そろそろ通うべき?」と迷っている方もいるのではないでしょうか?
それでも、塾に通わずに高校受験に成功する人もいることも事実です。

塾に通うとお金も時間もかかります。

できれば塾に通わずに受験したい、というのも頷けます。

ですが、塾に行くことには多くのメリットがあります。

受験を控えた多くの中学生が通っています。

そのため、通わないことにデメリットがあるとも言えます。

今回は、そんなポイントを確認しながら、
塾に行かないという選択肢について考えていきます。

 

塾に行かないデメリット

塾に通わないデメリットの図

 

最初に書いた通り、
塾に通わず受験をするには、いくつかのデメリットがあります。

しかし、逆を言うと
デメリットが克服できる場合は塾に通う必要がありません。

まずは、塾に通わないデメリットを確認していきましょう。

 

勉強時間が定まりづらい

塾に通わないと、学校外の勉強時間が定まりづらくなります

塾に通っていると毎週数コマの授業があります。

宿題も課されるので半強制的に勉強時間が確保されます。

 

しかし、塾に行かない場合、
勉強がやる気次第になってしまい質・量が安定しません

学校行事・部活が忙しい時期に
勉強量が0になってしまうということになりかねません。

 

また、内申点に直結する定期試験対策でも差が付く場合があります。

塾に行っていれば、特別授業という形で
テスト前には勉強時間が増えることがほとんどです。

この辺りの管理も、塾に行かないなら自分でやる必要があります。

 

そして、「テスト前だけ勉強する癖」がつく恐れがあります

1、2年生の間だと、テスト前に一気に勉強(一夜漬け)することで、
それなりの点数を取れることも少なくありません。

 

しかし、受験勉強は長期的に継続して、
非常に広い範囲を行う必要があります

塾に通わなかったために一夜漬けの勉強法が習慣になり、
長期継続的な勉強法が身につかないのは避けなければなりません

受験を意識した習慣を早くから身につけられるのが、塾のメリットです。

 

受験の情報が入手しづらい

受験は情報戦ともいわれるほど入試情報は重要です

  • 先輩はどのくらいの成績で合格したのか
  • 過去問はどうで、今年はどう変わるるのか

こういった受験対策のデータ収集に塾は長けています。

 

自習用に使える受験対策のテキストを用意してくれていたり、
大手の塾は地域の公立入試用の自社テキストを持っていたりもします。

適切な練習問題にアクセスしやすく、数にも困りません。

 

塾に行かなければ、自分でテキストを選ぶ必要がありますし、
優秀な教材ほど塾にのみ販売されるということもあります。

 

また、塾に通わない場合、
模試や英検などの申し込みに手間取る可能性があります。

自分で模試や資格の情報を集め、申し込むのは結構大変です。

塾では適切な時期に、模試や英検の案内をしてくれます。

申し込み忘れる恐れ、調べる手間などが大幅に軽減されます。

これも塾に通わないデメリットになってしまいます。

 

勉強の環境が整えづらい

自宅では勉強に集中できないという人は多いです。

むしろ、誘惑の多い自宅で勉強が捗るというのは
特別な才能と家族の協力があってこそでしょう。

塾に通っていれば、自習室を利用することができます

 

塾に通うと通わないでは
分からない問題をどれだけ早く質問できるかにも差が出ます

塾は学校よりも遅くまで開いていて、
職員室に入るような壁もないので質問がしやすいです。

苦手分野や分からない問題も効率的に解決することが出来ます。

 

一方、自宅で勉強する場合、
教えるのが上手い兄姉や両親がいつでもいる、という環境は稀です。

すぐに質問が出来ないと、勉強が行き詰まります。

そして、分からない問題は直ぐに解決されないと、
放置され苦手分野になりがちです。

 

不安が解消されづらい

塾に通うことで、安心感が得られます

受験が近づくにつれて、本人も家族もピリピリしがちです。

特に塾にも行っていないとなると、誰もが不安になってしまいます。

その点、塾に任せるという選択をしておけば
ある程度の責任は塾が負ってくれるので気が楽
です。

 

また、責任だけでなく、

  • 一人で勉強していて自分が正しいのかわからなくなる
  • 周りのペースが把握できずに不安になる

というような悩みも解決できます。

本人も家族も、
プロの指導のもと、周りと同じペースで勉強している
と思えば、家庭内も平和になるでしょう。

 

■ 勉強時間が定まりづらい

■ 受験の情報が入手しづらい

■ 勉強の環境が整えづらい

■ 不安が解消されづらい

 

塾に行く必要のない人の特徴

塾に通う必要がない人の図

 

ここまで、塾に通わないデメリットを確認しました。

次は、これらデメリットを乗り越えられる人について。

つまり、
塾に通わないでいい人はどんな人か
そ確認していきましょう。

 

勉強ペースの自己管理ができる

まず大切なのが、自分で勉強の管理ができることです。

定期試験だけでなく模試に向けての対策や復習など、
受験にも対応できる勉強習慣があること求められます

 

勉強の自己管理が出来るかどうかは、
「今まで、自分で管理した勉強で高得点が取れたか?」
を元に判断しましょう。

  • 得意科目で90点
  • 苦手科目で70点

を割らないようであれば、
塾なしでもやっていける可能性があります。

 

「これから頑張る」と思っている方は、
ほとんどの場合上手くいかない
と思ってください。

変に意地を張って、受験失敗の可能性を高めるべきではありません。

 

受験の情報を家庭で集められる

家族で協力して受験の情報を集められるのも大切です。

先生に聞く、先輩に聞くなど情報収集の方法はいろいろあります。

生徒同士では聞きにくいこともあることに注意です。

 

出願等の事務手続きや費用などは、
保護者間の情報交換が重要
になります。

また、模試の申し込み一つとっても支払いが必要になるので、
家庭の協力は受験に必要不可欠。

これらの負担に対応できる場合は、塾なしも選べます。

 

勉強の環境が整っている

家庭でのサポートの一つとして、
勉強できる環境を整えるというものがあります。

家で集中できる勉強スペースを作る、
そうでなくても近場に図書館があるか、などですね。

 

特に下に弟妹がいるなどの場合には、
家庭内が常に騒がしいというケースも多くあります。

学習環境がどうしても整わない場合、
自習室を利用するための塾通いも選択肢に入れましょう

 

不安に負けず勉強できる

塾に通わないと、周りがどんな勉強をしているのかなど
周りの学生の状況が見えづらくなります。

受験期の不安の中、心が折れることなく
自分を信じて進める意思力が塾なしの受験には必要です。

 

周りの学生の状況が全く見えない、
というのは不安がとても強くなります。

さらに、自分だけ見当外れな勉強をするリスクもあります。

 

塾に行かない場合は、
お互いライバルとなり、
受験情報を共有できる親しい友達
がいると良いでしょう。

 

■ 勉強ペースの自己管理ができる

■ 受験の情報を家庭で集められる

■ 勉強の環境が整っている

■ 不安に負けず勉強できる

 

まとめ

塾 通わない 高校受験のまとめの図

 

これらを踏まえて、
「塾に入るタイミングを逃したのだけど、今からでも行くべき?」
という疑問に一つの答えを出してみます。

 

  • 勉強習慣があり、定期試験も常に高得点
  • 気軽に質問できる相手が近くにいる
  • 兄姉の経験などから受験の情報収集も出来る

という人であれば塾なしの受験は十分に可能です。

 

そうでないなら、
中学1年や2年で塾に通えるならば、通った方が良いです。

今のうちから正しい勉強習慣を身につけて
苦手なく受験まで進んでいくのが無難だからです。

 

中学3年の受験生であれば、現在の実力によります

今まで普通くらいの成績できたなら塾に入るのが無難ですが、
中1・2で躓いた分野があるなら塾は必ずしもベストではありません

 

というのも、中3になってから塾に通い始めると、

  • 学校の進度より大きく先行している
  • 基礎から苦手分野を特訓する機会を作れない

ということがあるからです。

塾に入ると、そこでの授業で手一杯となり、
今までの苦手分野に戻って復習するのはかなり難しいです。

 

特に、数学や英語などの積み上げ式の科目は、
前提になる基礎が固まっていないまま先に進む
ことになります。

理解できない応用問題ばかりに取り組むことになってしまい、
逆に勉強の効率が非常に悪くなる可能性もあるわけです。

 

ではどうするか、というと、
個別指導塾や家庭教師を検討するが賢明と言えます。

上で挙げた塾のメリットのほとんどは、
家庭教師を利用することでも得られます

 

家庭教師は自習室がない代わりに
指導内容に自由が利きます。

そのため、苦手分野は基礎の基礎からやり直すことが出来ます

明らかに苦手な科目や分野がある場合、
塾よりも賢い選択と言えます。

家庭教師についてはこちらの記事をご覧ください!

▼おすすめ記事
家庭教師の心構えと上手な教え方!!こんな家庭教師を選ぶとOK!
https://blog.laf.education/kateikyousi-osiekata/一分で分かる。家庭教師と塾のメリット/デメリット!
https://blog.laf.education/kateikyousi-erabikata/

 

周りが「塾」に行っているというのはプレッシャーになりがちです。

しかし、大切な高校受験、
ぜひ塾以外の選択肢にも視野を広げて最適な方法を選んでいきましょう

 

■ 塾に通わなくてもいい人の特徴

  • 勉強習慣があり、定期試験でも高得点
  • 気軽に質問できる相手が近くにいる
  • 受験の情報収集ができる

■ 1 ,2年生なら通った方がいい

■ 苦手があれば家庭教師を検討

 

Instagramで最新情報をチェック

どうしても成績を上げたい人向けに、毎日1記事だけInstagramにて

 

  • おすすめの勉強ノウハウ
  • テストによく出る問題
  • 質問回答

 

の3つを投稿しています!

 

  • どうしても合格したい人
  • 受験で失敗したくない人
  • 内申点を少しでも上げたい人

 

はフォローして最新情報をチェックしてください!!
DMで勉強に関する質問もお待ちしています!

▶ Laf先生のInstagramは
こちら!

家庭教師のLafへの相談・お問い合わせはこちらから!

 

 

家庭教師のLafではお子様に合わせて選べる3つのプランを用意しています!

興味がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

たった1分の簡単入力!
▶ お問い合わせはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました