I、My、Me、Mineをマスターしよう!

教科別勉強法

I、My、Me、Mineをマスターしよう!
アイ、マイ、ミー、マインと、呪文のように唱えさせられていませんか?
唱えられるのも大事ですが、実際に使えないと意味がないですよね。

というわけで今回は、「代名詞の格変化」について解説していきます!
とっても大事なのですが、曖昧なまま先に進んでしまいがちです。
後になって痛く響いてきてしまわないように、完璧にしておきましょう。

『I My Me Mine』をまずは唱えよう!

とは言ったものの、まずは全部の代名詞について、
ちゃんと覚えられているでしょうか?

全てちゃんと覚えられているという人は、
この部分は飛ばしてもらっても大丈夫ですよ!

そうではなく不安なところがある人は、
すぐに覚えてしまいましょう!

-が I You He She It They We
-の My Your His Her Its Their Our
-を Me You Him Her It Them Us
-のもの Mine Yours His Hers Theirs Ours

特に、They の活用
They (ゼイ)- Their (ゼア) – Them (ゼム) – Theirs (ゼアーズ)
と、

We の活用
We (ウィー) – Our (アワー) – Us (アス) – Ours (アワーズ)

が忘れがちなので気を付けましょう!

4段目(-のもの)は、Mine 以外2段目(-の)に -s がなければつけたものです。

なので、まずは少なくとも「-を」までの3つを扱えるようになりたいですね。

 

まずは全部唱えて覚えよう
They や We を忘れがちなので注意
もちろん、スペルもしっかり(特にourやus!)

 

1段目「-が」の使い方

さて、それではそれぞれの使い方を見ていきましょう。

まず、1段目ですが、主語になるときだけ使います。
なので、主格と言ったりもします。

英語の文に絶対必要な主語と動詞、の主語です。

例外はまずありません。
それだけ英語で主語は大事ということです。

並び替えの問題で I や he があったら、それが主語確定です!
大ヒントですね。

念のため、例文を挙げておきます。

I like English.
He is a student.
They play baseball after school.

全部主語になっているのを確認しましょう!

1段目「-が」は、必ず主語

 

2段目「-の」の使い方

次に、例の呪文だと my に当たる2段目です。
「-の」なので、所有格とも呼ばれます。

必ず他の名詞と一緒になって、a や the の代わりに使います。

「○○の△△」というときの「△△」と一緒ですよ、という意味です。
それだけでは使えないので注意しましょう。

例文で見ていくと、
My name is Tom.
Jane loves her brother.
The man works with our father.

name、brother、father とそれぞれ名詞と一緒に出てきています。

例文はそれぞれ名詞が現れる3つの位置(主語、目的語、前置詞の後ろ)に
対応しているので、合わせて確認してくださいね。

 

a や the の代わりになって、this や that とも同時には使わないのでそれも注意です。

2段目「-の」は必ず名詞と一緒
a や the、this、that とは一緒に使わない

 

3段目「-を」の使い方

次は、me に対応する3段目です。
「目的格」とも呼ばれます。

これが出てくる位置は、2種類あります。
目的語と、前置詞の後ろです。

つまり、名詞の3つの位置のうち、主語でない場所ということですね。
主語は上で言った通り、一段目「-が」になります。

My friends always help me.
I have a present for you today.
Mary goes to school with us.

1つ目が目的語、2、3つ目は前置詞の後ろの位置ですね。
どんな前置詞でも必ずこの段をとるので、覚えておいてください。

ただ、前置詞が前にあるから目的格だ!と早とちりはしないように。

所有格(2段目) + 名詞 も同じ位置に出てくるので、
よく文を見て意味を考えてから答えましょう。

3段目「-を」は、目的語か前置詞の後ろ
どんな前置詞でも、後ろはこの段

 

4段目「-のもの」の使い方

最後に、mine にあたる4段目の使い方です。
「所有代名詞」と呼ばれたりもします。

これだけ名前が「格」じゃないのに気付いたかもしれませんが、
実は、ちょっと意味的にも他と違うんですよね。

「○○のもの」という別の名詞として覚えてしまうのが良いです。
現れる場所は、もちろんいつもの名詞と一緒です。
(あんまり主語にはしませんが…)

Yours is bigger than this. [あなたのものの方がこれより大きい]
This book is mine.
She is a friend of his. [彼女は彼の友人だ]

一応全部の位置の例文を挙げましたが、最初に習ったときは2つ目の補語の使い方ができればOKです!

2年生で比較級を習うと、1つ目のような主語の使い方も出てきます。

3つ目の文の使い方は、中学英語では正直ほとんど見ないですね。
ですが、ネイティブの会話だと結構よく耳にしますよ!

所有格「-の」との違いは、
これ自体が名詞なので、名詞と一緒に使わないことです。

日本語訳するとちょっと紛らわしいですが、
文法的にはこうして違うので覚えておきましょう!

「所有代名詞」は「○○のもの」という名詞
他の名詞とは一緒に使わない

 

まとめ

さて、今回は代名詞の格変化についてでした。

意味も大事ですが、こうして文法的に考えるのも大事です。

入試でよく出題される、並び替えのヒントにもなるので基本を大切に。

まだ全部を覚えられていない人は、やっぱり呪文を唱えるところからはじめてみましょう。

 

家庭教師のLafへの質問&お問い合わせはこちらから!

家庭教師のLafではお子様に合わせて選べる3つのプランを用意しています!

興味がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

たった2分の簡単入力!
お問い合わせはこちら

 

また、Instagramで質問回答をしています!

勉強の疑問をどんどん質問しよう!!!

Instagramをフォロー&質問!
勉強の疑問を解決しよう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました